夏季インターンのコーディング課題を公開します

大野 健太
エンジニア

2016-07-01 09:14:57

PFNの大野です。暑くなってきましたね。

PFI/PFNでは毎年8, 9月にインターンシップを実施しています。2ヶ月間と日本で行われるインターンシップの中では比較的長期間のプログラムですが、毎年多くの方にご参加いただいています。我々自身、インターンで来ていただく方から多くの事を勉強することができ、最も力を入れているイベントの1つです。今回は本社を大手町に移転してから初めてのインターンシップです。今年は例年以上の応募をいただき、過去最大規模でのインターンシップとなりそうです。

さて、インターンシップの選考では、応募者の方々にコーディング課題を解いていただいています。このコーディング課題は情報科学の基礎知識・プログラミング能力・問題解決能力を測ることを目的としており、毎年担当者が趣向を凝らした問題を作成しています。例年、どのような問題がコーディング課題として出題されるのか問い合わせをいただいておりましたが、公平性の観点からお答えできることが限られておりました。

そこで今回、過去のインターンの選考で出題したコーディング課題を公開することにいたしました。PFI/PFNのインターンに興味のある方はぜひ参考にしていただければと思います。改めて見ますと、我々の会社が得意としているアルゴリズムとデータ構造・文字列処理・画像処理・機械学習などのテーマでの出題が多かったようです。これらの分野を勉強・研究する方にとっても良い練習問題になるのではないかと思います。

  • 2011年(テーマ:文字列処理・回文)問題文
  • 2012年(テーマ:文字列処理・一般化しりとり)問題文
  • 2013年(テーマ:グラフ・探索アルゴリズム)問題文
  • 2014年(テーマ:画像処理・テンプレートマッチング)問題文
  • 2015年(テーマ:機械学習・前処理・教師あり学習)問題文
  • 2016年(テーマ:深層学習・AutoEncoder・ハイパーパラメータの決定)問題文

Leave a Reply