dag_vector: ランダムアクセス可能な圧縮配列

岡野原 大輔
リサーチャー

2011-06-26 03:24:46

こんにちは、この夏はシルキードライで乗り切りたい岡野原です。

今日は最近公開したC++のオープンソースであるdag vectorについて紹介します。

github: dag_vector

続きを読む »

FCRC 2011参加報告

oxy
エンジニア

2011-06-18 08:16:31

吉田です。
先日、アメリカのサンノゼで開催されたFCRC (Federated Computing Research Conference)に参加してきましたので、その様子について報告したいと思います。
写真は最終日に遊びに行ったスタンフォード大学の門です。奥に見える(見えない?)建物まで歩かないとキャンパスに辿り着きません。アメリカの広さを感じます。
続きを読む »

MapReduce以外の分散処理基盤BSP, Piccolo, Sparkの紹介

preferred

2011-06-17 14:32:34

どうも,実は今年から開発チームにjoinしていた中川です.可愛い犬の写真がなかったので,可愛いマスコットの画像を貼っておきます.

最近MapReduceとかその実装であるHadoopとかをよく聞くようになりました.これはつまり,それだけ大量のデータをなんとか処理したいという要望があるからだと思います.しかし当たり前ですが,MapReduceは銀の弾丸ではありません.

ということで,最近気になっているMapReduceとは違ったアプローチを取っている分散処理基盤について,社内のTechTalkで話した内容を簡単にまとめて紹介したいと思います. 続きを読む »

多項式フィッティングのワナ

preferred

2011-06-15 20:12:45

Meow

今回は新しい試みとして、かわいい柴犬の画像によっていろいろなことをごまかすことにチャレンジしています。なお、画像はflickrからCCライセンスのものをお借りしております。画像をクリックするともっと大きいのが見れるよ。

続きを読む »

Kinectでプロジェクタスクリーンをタッチパネル化

祢次金 佑
エンジニア

2011-06-03 22:01:00

祢次金です。

昨年末に話題になったKinectを使って、プロジェクタスクリーンをタッチパネル化するアプリケーションを作ってみましたのでご紹介したいと思います。

Kinect自体の説明については他所に譲りますが、オープンソースのKinectドライバが公開されてから今まで、実に多くの人々がKinectで面白い実験を行っています。Kinectでピアノを作った人までいます。

Kinectは赤外線によって深度情報が取れますので、単なる机や床に対しても擬似的にタッチを検出することができるわけです。
そこで私も先ほどの例に倣い、プロジェクタ画面に落書きをするアプリケーションを書いてみました。

KinectのドライバとしてはOpenKinectを使い、タッチの検出周りの実装にはopenFrameworksとそのアドオンであるofxKinectを使っています。またofxOscアドオンを利用し、検出したタッチ情報をOSCメッセージとして、描画担当のAdobe AIRアプリケーションに送出しています。AIR側でのOSCの受信にはTUIO as3ライブラリを使いました。

大まかには以下のような流れで処理が進みます。

  1. Kinectのカメラ映像の中でタッチスクリーン化したい平面を選ぶ。
  2. 選んだ平面から距離が一定以内にあるオブジェクトを検出。
  3. オブジェクトの検出をタッチと見なし、平面上でのその座標をOSCメッセージに載せ送出。
  4. AIRアプリケーションがOSCメッセージを受け取り、描画。
  5. あとは2から4の繰り返し。

ものすごい駆け足になりましたが、Kinectでプロジェクタスクリーンをタッチパネル化するアプリケーションをご紹介しました。誤差も大きくてまだまだ課題はありますが、これを色々な大画面タッチアプリケーションに応用できたら楽しそうです。

また、マイクロソフトから正式にKinect SDKも提供される予定だそうで、こちらにも非常に期待です。音声認識もできるとさらに夢が広がるのですが。皆さんもこの夏、Kinectを導入して面白いUIを作ってみてはいかがでしょうか?
それでは。