Interaction Design向けのC++ライブラリ "pocode"

祢次金 佑
エンジニア

2012-02-28 10:21:16

祢次金です。

今回はC++で書かれたオープンソースなライブラリ、pocodeを簡単にご紹介します。
pocodeはPotion社によって設計された、主にインタラクションデザインのためのライブラリであり、プラットフォームとしてはWindows、MacOS(Lion)、iOSに対応しています。オープンソースとして公開されたのは最近ですが、既にいくつかのプロジェクトで利用実績があるようです。

続きを読む »

【ステマでは】日本語入力を支える技術【ありません】

preferred

2012-02-17 19:23:39

徳永です。

日本語入力を支える技術という本を書きましたので今回はその宣伝をします。なお、本自体は技術評論社から2/8に発売されております。

続きを読む »

Tree Edit Distanceと自然言語処理への応用

海野 裕也
リサーチャー

2012-02-13 20:25:22

海野です。ちょっと時間があいてしまいましたが、昨年の12月に開催されたNTCIR-9という会議のRecognizing Inference in TExt (RITE)というタスクに、前職の方々と共著で出場しました。

Syntactic Difference Based Approach for NTCIR-9 RITE Task.
Yuta Tsuboi, Hiroshi Kanayama, Masaki Ohno and Yuya Unno. NTCIR-9, 2011. [pdf]

含意関係認識といわれるこのタスクは、大雑把に言うと与えられた2つの文が同じ意味のことを言っているかどうか判定しなさいというタスクです(厳密には一方からもう一方が帰結できるかの判定です)。今日は、その中で使ったTree Edit Distance (TED) について解説します。

続きを読む »

大規模データ時代に求められる自然言語処理

岡野原 大輔

2012-02-08 12:58:46

岡野原です。

先日、東北大のJEITA講義で話をしてきました。

話の内容は、自然言語処理が実世界で具体的にどのように応用されているのか、またその時に感じた課題についてです。
後半の「何が必要とされているか」、あたりの話からは私や会社が特に重点的に取り組んでいる事そのものの話もなります。
ご興味がある方はご覧ください。コメントや感想などがありましたら、ブログもしくは私宛にいただけたらと思います。