NIPS2013読み会を開催しました

hido
Chief Research Officer

2014-01-31 10:08:27

もう花粉飛んでるらしいですね。比戸です。

昨年開いたICML2013読み会に続き、NIPS2013の論文を紹介する会を開きました。平日夜にも関わらず60名以上の申し込み、50名以上の参加があり、改めて機械学習への興味の高さを裏付けるものとなりました。会場提供にご協力頂いた東大の武田朗子先生、中川裕志先生、および発表者の皆さんありがとうございました。

ここで特筆したいのが、@mooopanさんが選んだ”Playing Atari with Deep Reinforcement Learning“です。

話題のDeep Neural Networkと強化学習を組み合わせて、テレビゲームで人間にも勝ったという、この日唯一のワークショップ論文紹介だったのですが、なんと著者の所属するDeepMind TechnologiesがGoogleに500億円以上で買収されたというニュースが3日前飛び込んできました。買収交渉がいつからあったのかわかりませんが、多くのDeepMindとGoogle関係者がNIPS会場にいたわけで、Deep Learningそして機械学習を取り巻くホットな状況を感じられる一件でした。

以下に改めて発表論文と資料へのリンクを掲載させて頂きます。

@unnnonouno: “Distributed Representations of Words and Phrases and their Compositionality

@beam2d: “DeViSE: A Deep Visual-Semantic Embedding Model

yoshifumi_seki: “A Gang of Bandits

@Quasi_quant2010: “Similarity Component Analysis

@nozyh: “One-shot learning by inverting a compositional causal process

@delta2323: “Inverse Density as an Inverse Problem: The Fredholm Equation Approach

@hamukazu: “Approximate Bayesian Image Interpretation using Generative Probabilistic Graphics Programs

@moopan: “Playing Atari with Deep Reinforcement Learning

@tb_yasu: “Scalable kernels for graphs with continuous attributes

@sla: “More Effective Distributed ML via a Stale Synchronous Parallel Parameter Server

Leave a Reply