NIPS2014読み会を開催しました

大野 健太
エンジニア

2015-01-23 19:33:15

大野です。
先日2015年1月20日に、NIPS2014読み会を開催しました。

当日に関する情報はこちらをご覧ください:connpass, togetter
当日の発表タイトルとインターネット上で入手可能な資料は記事の最後に掲載します(connpassからも入手可能です)。

昨年と同時期、同場所での開催にも関わらず、前回の1.5倍以上の方に参加いただきました。また、正確な統計はありませんが、機械学習に限らず様々なバックグラウンド方がいらっしゃったようです。ビジネス系メディアで特集で組まれるなど、機械学習・人工知能への注目度が高まっておりますが、それと並行して機械学習を専門に研究されている方や、最先端の機械学習研究に関心を持つ方の層が広がっているのではないかと思います。このような勉強会で交流が増えて分野の発展につながれば、今回の勉強会を開催したかいがあったと考えています。

改めまして、発表者の皆様、参加者の皆様、そして会場をご提供いただいた東京大学の武田先生・中川先生にお礼を申し上げます。

会議に関する所感

会議全体を見ると、最適化の理論解析もあれば特定の業界への実応用もあり、また特定のトピックについて基礎から応用まで垂直に扱われているワークショップがいくつも開催されました。参加人数からみても、KDDなど他の機械学習・データマイニング系の研究集会と同様に、NIPSもここ数年の規模の拡大が顕著なようです。
個別のトピックで言えば、Deep Learning/Deep Neural Networkが依然として関心を集めているようです。DLを主題としたワークショップが少なくとも2件あり、主題ではなくても、DLに関連と予想される発表が多くのワークショップで散見します。今回の読み会でも7件中2件(山本さん、得居さん)がDL関連でした。
大岩さんに発表していただきましたが、今回のNIPSではのレビュープロセスについての実験的な企画が行われました。同じ投稿論文を独立した2グループ両方に査読してもらいその相関を調べたもので、1つ目のグループでAcceptされた論文のうち57%が2つ目のグループではRejectされたという結果が話題になりました。例えば「NIPS review experiment」などで検索すると、より詳細にこれらを論じた記事がいくつも見つかり、レビュープロセスに関しては多くの方が問題意識や関心を持っているのだと感じました。

読み会発表タイトル一覧

  • 山本浩司さん , Learning Generative Models with Visual Attention : Proceeding arXiv
  • 大岩秀和さん,  Partition-wise Linear Models : Proceeding arXiv
  • 楠本充さん,  Advances in Learning Bayesian Networks of Bounded Treewidth : Proceeding arXiv
  • Quasi_quant2010さん,  Analysis of Learning from Positive and Unlabeled Data : Proceeding
  • 得居誠也さん , Semi-supervised Learning with Deep Generative Models : Proceeding arXiv
  • 加藤公一さん , A Safe Screening Rule for Sparse Logistic Regression : Proceeding arXiv
  • 関喜史さん , Content-based recommendations with Poisson factorization Proceeding

 

発表資料

続きを読む »

PyData Tokyo Meetup #1でCaffeとmafについて発表しました

大野 健太
エンジニア

2014-11-07 12:04:37

10月30日のPyData Tokyo MeetUp #1にて「Caffeとmafを用いたディープラーニング開発・実験方法」というタイトルで発表を行いました。

当日の発表に関する情報はconnpassにまとめられています(私以外の発表の資料へのリンクや当日のUstreamでの配信へのリンクもあります)。また、当日までのtwitterの反応はtogetterにもまとめられています。

 

発表資料はSlideShareで公開しています(当日きちんと答えられなかった質問の回答を資料の最後に追記しました)。

Development and Experiment of Deep Learning with Caffe and maf from Kenta Oono

 

今回はディープラーニングライブラリの中でも特に開発が活発に行われているCaffeと、PFI/PFNで開発している実験ビルドツールのmafをそれぞれ紹介しました。発起人の柴田さんから、Caffeを用いて自分で何か作れるようになるとうれしい人が集まっていると事前に聞いておりましたので、デモを通じてmafとCaffeを用いて実験を行う具体的な方法の紹介を意識したつもりです。

勉強会主催の方々が標榜しているようにとても濃い勉強会でした。勉強会の立ち上げ会での発表で恐れ多かったですが、多くの方に興味を持っていただきました。発表の機会をくださった発起人の皆様、発表を聞いてくださった方々に改めてお礼を申し上げます。今後も微力ながら活動を応援をさせていただければと考えております。

東大先端研での勉強会でライフサイエンスでのデータ分析に関して講演を行いました

大野 健太
エンジニア

2014-04-23 11:29:33

大野です。

先日4月9日、東京大学先端科学科学技術研究センターで開催された大規模データ分析に関する勉強会において、「大規模・多種多様なデータを扱うための検索・機械学習」というタイトルで、ライフサイエンスへの検索・機械学習の応用に関して講演を行いました。
主催の油谷先生を始め、関係者・参加者の皆様、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

資料は弊社のslideshareにアップロードしております。

rcast_20140411 from Preferred Infrastructure Inc,

続きを読む »

言語処理学会年次大会で文法圧縮チュートリアル講義をしてきました

maruyama
リサーチャー

2014-03-24 15:59:41

まるまるです。春がきてますね。東京はだいぶ暖かくなってきました。

先週(3/17〜3/20)行われた言語処理学会第20回年次大会(NLP2014)において「文法圧縮入門:超高速テキスト処理のためのデータ圧縮」というタイトルでチュートリアル講義をさせて頂きました。

講義資料はSlideShareで公開しています。

文法圧縮入門:超高速テキスト処理のためのデータ圧縮(NLP2014チュートリアル) from marugorithm

続きを読む »

機械学習CROSSをオーガナイズしました

hido
Chief Research Officer

2014-02-03 17:08:14

もう豆まきしましたか?比戸です。

1月17日に、エンジニアサポートCROSSで機械学習のセッションをオーナーとして主催させて頂きました。今回はその報告と内容のまとめをさせて頂きます。

エンジニアサポートCROSSは今年で3回目を迎える、主にWeb系のエンジニアが集まる技術イベントで、今年も800人以上が集まったそうです。すごいですね。

並列開催されるパネルディスカッションを基本とするイベントで、有名なWeb関連サービスを持っているわけではないPFIの私がオーナーということで、持てる人脈をフル活用してパネリストをお願いしたところ、お声がけした方全員にご登壇いただけることになりました。

続きを読む »

第2回全脳アーキテクチャ勉強会でDeep Learningについて講演しました

beam2d
リサーチャー

2014-01-31 17:01:43

得居です。1月30日にリクルートGINZA8ビルで開催された第2回全脳アーキテクチャ勉強会にて、Deep Learningについて講演しました。

Deep Learning技術の今 from Seiya Tokui

続きを読む »

NIPS2013読み会を開催しました

hido
Chief Research Officer

2014-01-31 10:08:27

もう花粉飛んでるらしいですね。比戸です。

昨年開いたICML2013読み会に続き、NIPS2013の論文を紹介する会を開きました。平日夜にも関わらず60名以上の申し込み、50名以上の参加があり、改めて機械学習への興味の高さを裏付けるものとなりました。会場提供にご協力頂いた東大の武田朗子先生、中川裕志先生、および発表者の皆さんありがとうございました。

ここで特筆したいのが、@mooopanさんが選んだ”Playing Atari with Deep Reinforcement Learning“です。

話題のDeep Neural Networkと強化学習を組み合わせて、テレビゲームで人間にも勝ったという、この日唯一のワークショップ論文紹介だったのですが、なんと著者の所属するDeepMind TechnologiesがGoogleに500億円以上で買収されたというニュースが3日前飛び込んできました。買収交渉がいつからあったのかわかりませんが、多くのDeepMindとGoogle関係者がNIPS会場にいたわけで、Deep Learningそして機械学習を取り巻くホットな状況を感じられる一件でした。

以下に改めて発表論文と資料へのリンクを掲載させて頂きます。
続きを読む »

バイオロジー分野での取り組みの紹介

大野 健太
エンジニア

2013-11-12 13:04:44

大野です。寒くなりましたね。

現在バイオプロジェクトのリーダーを務めています。最近外部のライフサイエンス機関と協業に関するプレスリリースがいくつかあり、反響を多く頂きました。折角の機会ですのでPFIでのバイオ・ヘルスケア・医療分野でのこれまでの取り組みや今後の方向性について紹介をさせていただきたいと思います。

続きを読む »

ICML2013読み会を開催しました

hido
Chief Research Officer

2013-07-11 15:08:45

夏ですね。暑いですね。比戸です。

先月開かれた機械学習のトップ会議ICML2013の論文読み会を開催しました。本会議に参加したPFIメンバーがいたので、せっかくだからと外部公開にしたところ、想像以上の盛り上がりとなりました。

1週間前というかなり無理なスケジュールで募集をかけたにも関わらず、読む人枠は瞬時に埋まり、聞く人の数も予想を大きく超え合計40名と弊社オフィスでは収まらなくなったため、東大の中川先生にお願いして場所をお貸し頂きました。ありがとうございました。

平日夜18時から22時という時間にもかかわらず濃密なガチ発表が続き、とても有意義な情報共有・質疑が出来たのではないかと思います。ここ1-2年このような論文読み会の機会が減っていると感じていたので、今後も継続的に開催出来ればと思います。

発表者の皆さんもかなり資料をSlideshareに上げてくださったのでせっかくなのでここにまとめておきます。発表ブログや参加ブログにも把握している限りのリンクを張っています。

続きを読む »

異常検知の世界へようこそ

hido
Chief Research Officer

2013-01-17 16:22:38

比戸です。

先週Jubatusの最新0.4.0がリリースされましたが、外れ値検知機能の追加が目玉の一つとなっています(jubaanomaly)。昨年PFIへ入社して初めて手がけた仕事が公開されたということで感慨ひとしおですが、便乗してあまり語られることのない異常検知の世界について書きたいと思います。以下の資料は昨年のFIT2012で使ったものです。

続きを読む »